読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bitcoin投資 三代目リーマンブラザーズの脱サラ記録

爆走サンリーの有益情報拡散ブログ!副収入で月10万になるためにサンリーを活用して下さい。

Bitcoinについて思うこと (コメント求む)

みなみなさま

ごきげんよう

 

 

今日も、副業としても情報は伝えれませんが、サンリーが疑問になったことを書きます。

 

サンリーが考えていることが、正しいかどうかを読者様には指摘してほしいです。

議論してほしいです。

なので、ぜひコメントを頂きたいのでよろしくお願いします。

 

HYIPをきっかけに関わることになったBitcoinですが、今後あらたな通貨として期待されているから現在も様々な取引きがされて価値が変動し、相場が形成されていると思います。

 

送金手数料が国をまたいでいる場合も、フィアットに比べて格安である。

送金にかかる時間もフィアットに比べて断然早い。

 

などなどは、暗号通貨を調べられた方からしたら常識ですね。

 

ほかにも国の信用がなくなって、通貨の価値がなくなったら世界共通で使える暗号通貨に変えてたら、資産を守れる?

 

というようなメリットがあげられます。

 

しかし、この暗号通貨がさらに普及して普段の生活の主軸がBitcoinになった場合の世界を想像してみました。

 

その場合、いろいろと疑問が出てきます。

 

それは、先ほどお伝えした、フィアットに比べて格安である送金手数料についてです。

 

格安であるという判断は、国⇒外国 の場合にはとても恩恵があるはずです。しかし、国の中だけで考えるとどうでしょう。

普段の皆さんの生活で使っている通貨は、買い物をするたびに手数料はとられていますか?

 

コンビニでちょっとガム買いたいわ。として

税込105円だとしましょう。

小銭で支払う場合⇒100円玉と5円玉を渡したら終わりですね。

 

これが、Bitcoinだとどうか。

そのときの相場状況で判断した、105円相当のBitcoinをお店で送金する作業を携帯で行ったとしましょう。

105円 +α で送金手数料がいりますよね?実際に、Bitcoinのインフラが整っていた世界だとして手数料をどのくらいになているかは、推測できませんが、現時点では、一度の送金で数百円はかかるはずです。

 

ここまで読めばわかってくると思いますが、

国の中だけでなおかつ、少額の決済であればあるほどBitcoinによる決済には不利であるということがわかるかと思います。回数を増すごとに。

 

 

手数料は0円にしようと思えばできます。

ですが、その場合、トランザクションの承認にいつまでかかるかわかりません。むしろ承認されず、ずっとアンコンフィム状態ですよね。

 

なので、Bitcoinを日常生活にて使う場合の対策というものをどう考えているのだろう。

と疑問になったのです。

 

一緒に住んでいる家族の中での話でも成り立ちます。

嫁から、夫に対して1000円渡すから今日の夕飯分を買ってきて。

というような日常生活の中でも、その頼むために1000円を渡すのにも手数料が発生します。

そして、夕飯を買う取引で手数料がかかります。お酒は別の店で買うようなことをすれば、また違う店でも手数料がかかります。

「あ、いけね。コショウを忘れた!買いに戻ろう!」

と、コショウだけ買うのにまたレジに並べば、また手数料が発生します。

このように目の前でやりとりをしているにも関わらず、決済のたびに手数料が発生しているのです。

 

なんかすごくないですか?この状況。

 

その手数料はというと、電気代が安くて寒い地域に高性能コンピューターを設置することができたマイナーたちの報酬になってますよね。

その方たちにお金がいきます。

だってそうしないと正常に送金が認められないからしょうがないですもんね。「お前らお金ばっか搾取してから。」と思ってもその方たちが

いなくなれば、世界で行われているBitcoinの取引は承認されなくなり、

いっきにおかしくなります。

送金ができなくなりますよね。

ウォレットにいくらたくさんのBitcoinを所持していいても送金ができなくなれば、無価値のデータを所持しているだけですね。

 

だから、なにも言えません。

 

2回目ですが、この状況ってすごくないですか?

とはいっても日々進化がめまぐるしいこの世の中ですから、日常生活レベルで使うための方法はちゃんと考えているかもしれません。

 

しかし、現時点では考えられません。

不便すぎます。

 

 

皆さんこの件についてコメントをぜひ頂きたいです。

よろしくお願い致します。

 

 

サンリー